横浜労福協の紹介

運営の目的

助け合い・支え合い、安心・共生福祉社会の確立 誰もが安心して暮らせる地域活動を柱に、勤労者、市民とともにいきいきとした福祉社会の実現をめざします。  

福祉事業内容

  • 神奈川県労働者福祉協議会(以下:県労福協という)と連携した諸活動の取り組み
  • 横浜市と連携した福祉活動と社会貢献事業の取り組み
  • 年金、医療、介護等の安心社会の実現に向けた政策・制度と提言の取り組み
  • ボランティア委員による障がい者の健康増進事業の取り組み
  • 横浜労働者福祉協議会と各支部組織との連携・協同した取り組み
  • 各福祉団体及び友誼団体と連携し、地域福祉活動の取り組み
  • その他、本協議会の目的に沿った事業の取り組み

地区ふれあい交流会鴨川シーワールド 081
DSC_0139
地区ふれあい交流会鴨川シーワールド 008

 

沿革

1949年(昭和24年) 「労働者用物資対策中央連絡協議会」の発足
1950年(昭和25年) 「労働組合福祉対策中央協議会」組織再編
1952年(昭和27年) 地方労福協結成決議
1957年(昭和32年) 「労働福祉中央協議会」改称
1964年(昭和39年) 「労働者福祉中央協議会」改称
1972年(昭和47年) 「神奈川県労働者福祉協議会」の結成
1985年(昭和60年) 「川崎労働者福祉協議会」の結成
1996年(平成8年) 「横浜労働者福祉協議会」の結成 「横浜労福協支部組織」の発足

活動内容

上部団体・労働団体・各支部組織との活動

  • 県労福協に加盟し、諸活動の連携と相互協力の推進と地域福祉の充実をめざした活動
  • 横浜地域連合とともに社会的な問題に取り組み、それぞれの役割を果たし、運動の前進をめざす活動。
  • 各支部労福協組織と各地区連合が協力し、地区における福祉活動。

福祉活動の充実に向けた取り組み

  • 県労福協と連携し、「タオル一本運動」を取り組み、集まったタオルを障がい者施設への寄贈の取り組み
  • 年金・医療・介護など高齢者社会に対する社会保障制度の充実の取り組みとして、毎年、横浜市に政策・制度要求と提言活動の取り組み
  • 横浜労福協(ボランティア委員)は、障がい者の健康増進として、「さわやか練習会」を毎月第2土曜日に開催しており、その支援にむけた取り組み
  • 障がい者への支援活動として、「地域ふれあい交流会」を毎年企画し、ご家族の方を含めバスを利用して、一日楽しんでいただける支援の取り組み
  • 横浜市社会福祉協議会はじめ、各福祉団体と連携し地域福祉活動の取り組み
  • 勤労者のための融資制度の改善と拡充にむけた取り組み(勤労者生活資金貸付制度の充実

DSCN0731
DSC04132

 

チャリティー活動の取り組み

  • 働く者の祭典として、毎年「ヨコハマwai!waiフェスタ」をチャリティーイベントとして開催し、東日本大震災及び神奈川新聞社厚生文化事業団への寄付金の取り組み
  • 毎年開催される「かながわ中央メーデー」において、地元プロチームへの支援活動の一環として、ゲーム(サッカーストラックアウト等)を通じて参加費を上記寄付先への取り組み
  • 毎年、横浜労福協主催による「スポーツ交流会(チャリティーゴルフ大会)」を開催し、参加者から寄付金を集め上記寄付先への取り組み

 

 (2015年度) 沖縄エイサーの演舞
DSCN114

 

福祉事業推進に関する活動

高い社会的役割を果たしている中央ろうきん・全労済の運動を支援し、いこいの村あしがら、神奈川県労働者福祉センター(横浜ワークピア)などと連携し、利用と共同による拡大の推進活動    

横浜労福協協力会の発展と拡大

会員の生涯サポートとして、お互いに「顔が見える」関係を大切に、安心して利用できる事業の拡大・育成とともに利用推進の取り組み  

広報活動

  • 会員向けに「横浜労福協ニュース」の発行(年4回または適宜発行)
  • 横浜労福協ホームページによる活動報告や会員向け事業・福祉事業の情報発信
  • 横浜労福協「協力会」による紙情報(宣伝物)を年4回集め、加盟単組及び協力会加盟店に配布

シェアする